マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

ここから世界へ出航

日本の近代と未来を結ぶブログです。

パートの解雇

【解雇】する時、パートだったらどうなるのでしょうか。
パートだったら即日辞めてもらう・・・なんてこともできるのでしょうか。
答えは、「そんな【解雇】の仕方はできない」です。
世の中にはパート、アルバイト、正社員など様々な括りが存在します。
「正社員は簡単に【解雇】できないけど、パートやアルバイトなら・・・」と思っている人がいるかもしれません。
でも、「パートやアルバイトだから簡単に【解雇】」なんてありえない事なのです。
実は、法律上は「パート」「社員」「アルバイト」の区別は無いんです。
「パートだから」という理由で不当に辞めさせていたら、それは【解雇】権の乱用になってしまいます。
つまり、「パートだから、【解雇】されたってしょうがない」なんて思う必要は無いのです。
しかし、企業の中には酷いやり方でパートを辞めさせてしまう所も存在します。
ここで、正規の【解雇】方法についてご説明します。

【解雇】はそもそも、簡単にできるものではないのです。
人を辞めさせるには、まず30日前にその旨を相手に伝えなければなりません。
もしくは、「【解雇】予告手当」と言って30日以上に相当する賃金を支払うことが義務化されています。
【解雇】については、労働基準法でその方法がきちんと決められていますので、その条件を満たした上で行う必要があります。
突然【解雇】を通告されたら、それが正規の手順に沿って行われているかどうかを知る必要があります。
事前に【解雇】を通告せずに辞めさせられることが出来るのは、災害などで会社が立ち行かなくなったり、「懲戒」に相当する様な事をしてしまった場合です。
また、「整理【解雇】」と言って「会社の倒産を防ぐために人を辞めさせる」というものもありますが、これは「四要件」をすべて満たしていなければなりません。
四要件のうちどれか一つでも欠けていると、それは「【解雇】の乱用」になります。

【解雇】予告手当を、支払ってもらえないと言うトラブルも多い様です。
支払ってもらえない場合は、会社に支払ってくれる様に申請を行ってください。
内容証明を会社に送れば、【解雇】予告手当を支払ってくれるはずです。
しかしそれでも支払って貰えない場合は、「労働基準監督署」という所に相談します。
そこから勧告してもらうことで、【解雇】予告手当を支払ってもらえます。
が、中にはここまでしても支払ってくれないと言う企業があります。
その場合は弁護士などに相談し、【解雇】予告手当の支払いをめぐって裁判をすることになります。
【解雇】予告手当は、「パート」「正社員」問わず労働者の権利ですので、きちんと請求する様にして下さい。
パートだからって黙って【解雇】される必要はないのです。
| 解雇

試用期間中の解雇

【解雇】は、試用期間中でもすることができるのでしょうか。
「試用期間」は、その人の資質や仕事ぶりを見る期間のことです。
多くの企業で「試用期間」を採用していますが、【解雇】はどの様に行われるのでしょうか。
試用期間というのは、実は法律では14日(二週間)と定められています。
この期間の間なら、即日【解雇】をすることができるそうです。
でも、会社で設定されている試用期間は、これより長いことが多いですよね。
14日を過ぎた会社の試用期間は、法律的に言うと試用期間ではありませんので、辞めて欲しいからすぐ【解雇】、というわけにはいきません。
また、14日間以内であっても、その理由が正当なものでなければ認められません。
【解雇】事由が認められる(仕事をこなす能力が不足している)かどうかを証明しなければならないのです。
つまり、試用期間でも簡単に【解雇】はできないのですね。

【解雇】を会社が定めた試用期間中に行うには、以下の様な理由がなくてはいけません。
「客観的な観点から、【解雇】すべきだという理由がある」「社会的通念を考慮したうえで、必要である」の二点が無ければ「【解雇】の濫用」とされてしまいます。
試用期間中でも、「自分と相性が悪いから」などという理由で辞めさせることは無理です。
裁判の判例で認められた【解雇】の理由は、「連絡なしに休む」「出勤率が著しく悪い」「注意されても故意的に同じことを繰り返す」など、悪質な理由です。
「気が合わない」などは【解雇】の理由として認められません。
もしこの様な理由で辞めさせられそうになったら、抗議することができます。
また、14日間を超えて働いていた場合は、「【解雇】予告手当」を請求することが可能ですので、申し出てみてください。
【解雇】予告手当は、【解雇】通告を行ったその時に行います。

【解雇】の予告手当てを貰うことができない場合は、内容証明で申請してみて下さい。
また、この件に詳しい専門家に行政書士がいます。
試用期間中に【解雇】が決まったけれど、どうも納得できない・・・という場合は、行政書士に相談してみると良いのではないでしょうか。
試用期間中に【解雇】と言われると色々なことを諦めてしまいそうですが、その期間中でも人を守ってくれる法律が労働基準法にはあります。
【解雇】と言われても諦めず、できることから始めてみて下さい。
残念ながら、まだまだ不当な【解雇】が横行する現代ですが、だからこそ戦って「そんなことは許せない」と言わなければなりません。
【解雇】をするのは本当に難しく、簡単に行えるものではないのです。
不当に辞めさせる企業が少しでも減ってくれればと思います。
その様な【解雇】方法は、断じて許せるものではありません。
| 解雇

整理解雇

【解雇】の中でも「整理」と名前が付く方法を良く聞く様になりました。
会社に勤務している人は、聞いたことがあるかもしれません。
「整理【解雇】」というのは、実は法律上に存在するものではなく、過去の裁判などの事例から生まれた言葉だと言われています。
従来は「普通【解雇】」という方法に入るものです。
空前の不景気に悩まされている日本。
倒産を避けるために、従業員を減らそうと【解雇】を考えている会社は多いです。
その中で生まれた言葉が「整理【解雇】」という名前なのです。
悲しいけれど、ぴったりの名称ですよね。
しかしこの「整理【解雇】」は簡単に行うことができるわけではなく、一定の基準を満たしていないと適用することが出来ません(過去の判例で出てきた四要件)。
それが適用されるとなると、「不当【解雇】」になってしまいます。
つまり、とても難しいものなのです。
ここでは、整理【解雇】について書いていきたいと思います。

【解雇】には色々な種類があり、「懲戒」「諭旨」「普通」に別れています。
今ここで問題になっているのは「普通」の種類に当てはまるものです。
まず、「普通」に当てはまる「整理【解雇】」をするには、以下の四要件を満たしていなければなりません。
1人を【解雇】して人材を整理する必要があるのか。
辞めさせるというのは人が余っていると言う事なので、その必要があるかどうか。
2【解雇】を決定する前に、それを避けるための努力をしたか。
会社の業績を戻すために、他の努力を講じているか(企業において、従業員を辞めさせると言う「【解雇】」は最後の手段である)。
3人選はきちんと行われているか。
きちんと公平に【解雇】する人の人選が行われているかどうかにについて。
4従業員ときちんと話し合った上で承諾を受けているか。
上記四つのどれが欠けても、【解雇】はできません。

【解雇】を通達されたら、上記の四要件をきちんと満たしているかを確認して下さい。
もし満たしていない場合は、それを会社に確認して下さい。
強制的に【解雇】するというのは不当な方法となりますので、抗議すべきです。
弁護士や社会保険労務士などに相談すると、具体的な対応策を教えてくれますので、不当な理由で【解雇】されそうになった場合は相談してみて下さい。
また、会社にある労働組合などに言ってみるのも手です。
【解雇】されてもすぐに仕事が見つかるとは限りませんし、たとえ見つかったとしても、同じお給料が貰えるとは限りません。
タグ:整理解雇
| 解雇

解雇理由

【解雇】を承諾する時でも、その理由はきちんと知る必要があります。
自分が辞めさせられる理由を知らずに・・・なんて事は、あってはいけないことです。
しかし残念ながら、この様な【解雇】方法が横行しているのが今の日本です。
理由を言わずに「辞めてくれ」と言われたら、会社側に理由を聞かなければなりません。
労働基準法の22条には、「辞めさせられる側から理由を明記した証明書を請求した場合、【解雇】する側はそれを発行しなければならない」と定められています。
つまり、辞めさせられる側にはそれを知る権利があるという事です。
ちなみに、試用期間でも【解雇】を行うには相応の理由が必要です。
試用期間中は通常よりも広くその決定をすることができますが、何でも許されるわけではなく、【解雇】の理由も伝えなければなりません。
「試用期間中だから・・・」と諦めてはいけないのです。
もちろん、パートを【解雇】するのにだって、それなりの理由が必要なのです。

ここで、「整理【解雇】」というものに的を絞って考えていきたいと思います。
この【解雇】は、会社の経営が思わしくなくなった場合、倒産を防ぐために行うものです。
「業績が悪いから辞めて欲しい」と上司に言われたことはありませんか?
この「整理【解雇】」を行うには、「四要件」と呼ばれるものを満たしていなければなりません。
四要件とは、「整理必要性が本当にあるのか」「辞めさせる前に相応の努力をしているか」「きちんと【解雇】について、労働者と話し合っているか」「整理対象となる人の人選に公平か」で、これを満たさなければ人を【解雇】することはできないのです。
「理由」がいかに大切なことなのかが、解っていただけると思います。
【解雇】は、そんなに簡単にできるものではないのです。

【解雇】の理由は本当に様々です。
中には、妊娠して育児休暇を取ったらそのまま辞めさせられたというものもあります。
従業員を【解雇】しなければ会社が立ち行かない様な場合でも、それをするにはしっかりした手続が必要だと労働基準法で定められています。
【解雇】を言い渡されたら、その理由が記載されている「理由書」をきちんともらう様にして下さい。
それが不当なものであれば、【解雇】の撤回を求めて行動することができます。
それ以前に、その証明書すらくれないと言うのであればそれは論外です。
突然【解雇】を通告された、理由に納得がいかない、または証明書すらもらえないという場合は、最寄の労働監督署に相談してみて下さい。
不当な【解雇】に負けてはいけません。
タグ:解雇理由
| 解雇

不当解雇

不当【解雇】という言葉を良く聞くようになりました。
この言葉を多く聞くようになったということは、それだけ世の中が不安定ということです。
悲しいことですが、会社の都合で突然【解雇】されてしまった、という話も良く聞きます。
今、日本は空前の不景気で、どんな企業も苦戦しています。
そんな中で、【解雇】の波がいつあなたを襲うか解りません。
あまり考えたくないことですが、ある日突然会社を辞めてくれと言われることもあります。
そんな時、【解雇】から自分を救うにはどうしたらいいのでしょうか。
自分だけでなく、周囲にいる家族を守るにはどうしたら良いのでしょうか。
そのためには、やはり「【解雇】」に対する知識をきちんと持っておくことが必要なのです。
世の中には、【解雇】事由を満たしていないのに懲戒処分を受けてしまうことだってあります。
懲戒処分になってしまったら、その後の再就職だって難しくなります。
その時【解雇】から闘うことができる様に、きちんと勉強していきましょう。

【解雇】をするには、「労働基準法」に沿って手続を行う必要があります。
労働基準法とは、働く人たちを守るために定められている法律の事を言います。
この手続をきちんと踏んでいない【解雇】は、不当なものであると言えるでしょう。
残念ですが、この様な【解雇】の形はまだまだ多いのが現実です。
では、不当な形で辞めさせられそうになったらどうしたら良いのでしょうか。
まず、不当【解雇】が通告されたら、会社の労働組合に助けを求めましょう。
人数が多ければ、同じく辞めさせられそうになっている人たちと一緒に闘えます。
もしくは、弁護士に不当【解雇】に相談してみると良いでしょう。
会社の規則などに詳しい職業に「社会保険労務士」というものもありますので、この人がいる事務所に【解雇】について相談するのも手です。

【解雇】が必要な状況でも、不当な形でのものは絶対に認めてはいけません。
人を辞めさせるには手順があり、そしてお金なども支払わなければなりません。
が、これらの手続を全く踏んでいない場合は不当【解雇】に該当する可能性があります。
残念ながら、「辞めて欲しい」と言われた時、この様な事実を知らずに頷いてしまい、結果として整理【解雇】の対象となってしまう人も多いのです。
そのまま辞めてしまうのは、絶対に勿体ないことです。
【解雇】に対して一人で闘うのは怖いかもしれませんが、専門家に相談すれば「どこが間違っているのか」を教えてくれますし、こういう時のために法律があります。
絶対、不当【解雇】に負けないで下さい。
タグ:不当解雇
| 解雇

解雇によるうつ病

【解雇】にうつ病が関わっている事例も多くありますね。
なったことの無い人には、その苦しみが理解しにくい「うつ病」。
このうつ病になってしまったがために【解雇】を言い渡されるケースも少なくなく、それがトラブルに繋がるといった場合も多く報告されています。
うつ病は、人間の心身に大きな影響を与える恐ろしい病気です。
この病気にかかっている最中に【解雇】をされてしまうと、精神に大きなダメージを受け、ますますうつが酷くなってしまう場合もあります。
家族を抱えている場合、うつ病になって【解雇】されてしまうことで将来に大きな不安を抱えてしまうことになる人も出てくるはずです。
では、うつ病になってしまったら、絶対に【解雇】されなければならないのでしょうか。
うつ病の原因には、会社での仕事や人間関係が大きく関わっている場合もあります。
会社のせいで病気になったのに、【解雇】されてしまうというのはやりきれませんよね。

【解雇】の理由がうつ病で、しかもその原因が会社にあると裁判を起こし、認められたケースはいくつかある様です。
【解雇】された理由がうつ病、そしてその理由が会社によるものの場合、非常に多くの残業を押し付けられていたり、上司から暴言を受けていたりすることもある様です。
これらの事実が裁判で認められ、【解雇】が無効になったこともあります。
ですので、「うつ病の原因が会社にある」とはっきりしている場合は、【解雇】を言い渡されても諦めないことです。
おちろん、【解雇】を言い渡された本人だけでなく、家族など周囲の人間も協力しながら訴えていくことが必要になります。
では、この様な「【解雇】を向こうにしたい場合」は誰に相談すべきなのでしょう。

【解雇】の理由がうつ病だった場合、相談先として挙げられるのが「NPO労働相談センター」という所です。
インターネットで検索してみると、実際に「うつで会社を休んでしまい、【解雇】された」という相談を受けていると書かれています。
また、「全労連」という所でも【解雇】について相談に乗ってくれる様ですね。
「労働相談ホットライン」という電話番号がありますので、そこに電話をかけ「【解雇】されそうになっている」と言うことで相談に応じてくれます。
全国にある様ですので、「突然【解雇】されてしまった」という場合はこちらに相談してみてはいかがでしょうか。
うつ病になり【解雇】までされてしまったら、本当に辛いです。
しかしその様なことで悩んでいる人は、おそらくこの日本にたくさんいるでしょう。
不当な【解雇】を許さず、闘っていくことが大事ではないでしょうか。
| 解雇

解雇予告手当

【解雇】予告手当という名前を聞いたことはありませんでしょうか。
事業主が従業員を辞めさせる場合、色々な手順を踏まなければなりません。
【解雇】に関する手続というのは「労働基準法」できっちり決められています。
それに反する方法というのは「不当なもの」として扱われますので、気をつけましょう。
従業員を【解雇】する場合、雇っている側は「30日前に言われなければならない」と決められています。
もしくは、【解雇】する場合は30日分あるいはそれ以上のお金を、賃金として払わなければなりません。
この賃金のことを「【解雇】予告手当」と呼んでいます。
これは労働者の権利ですので、この様な立場に立つことがあったら請求しましょう。
これを見てみると、つまり「即日の【解雇】」はできないことが解ります。
つまり、上司が「明日から来なくていいよ」と言ってもそれは無効なのです。
【解雇】には条件があり、企業側にも果たさなければならないことがあるのです。

【解雇】予告手当ですが、実は貰うことができない場合もあります。
まず、災害などで会社が大損害を受け、企業としてやっていけなくなった場合。
そして、雇われている側に非がある場合の【解雇】です。
後者は、「会社のお金を使い込んだ」「無断欠勤をした」など、会社に損害やダメージを与えた場合のことです。
この場合、するには「【解雇】予告除外認定」をしてもらわなければなりません。
会社から「懲戒」と言われたとしても、この様な手続を取っていなければそれは「不当な【解雇】である」として扱われます。
会社から懲戒と言われた場合、きちんと手続が踏まれているかを確認しましょう。

【解雇】予告手当が上記の理由なしに支払われない場合、こちらから請求する権利があります。
まず、【解雇】予告手当を払ってくれる様に会社に言います。
それでも支払ってくれる気配がない場合は、「内容証明郵便」というものを使用して、会社に【解雇】予告手当を申請しましょう。
ここまでやっても支払ってもらえない時は、上記の「内容証明郵便」の控えなどを用意した上で、「労働基準監督署」に申告、【解雇】予告手当をもらいます。
ここまですれば支払ってくれると思われますが、実はそうとは限りません。
こうなると、【解雇】予告手当を支払ってもらえる様に裁判をしなければなりません。
相応の手続が必要となります。
また、もっと前の段階でも【解雇】予告手当について相談に載ってくれる行政書士などがいますので、こちらを頼ってみても良いでしょう。
突然の【解雇】は絶対に認めてはいけませんし、手当はきちんと貰うべきです。
| 解雇

解雇通知書

【解雇】に関する通知書とは、「【解雇】する理由を記したもの」です。
これにはどんな理由でその人を辞めさせるのかが書いてあります。
が、この【解雇】通知書にはトラブルも多いと言われています。
思い当たる理由が無いのに、辞めさせられる理由が「懲戒」になっていることもあるそうです。
また、「会社の業務を縮小することが決まった」という理由の【解雇】なのに、会社側がそれに至るまでに何の手立てもしていないということもあるみたいですね。
この様な状態で【解雇】をされたら、「納得できない」という人も出てくると思います。
しかし、通知書が無ければこの様な理由すら知ることが出来ないこともあります。
なので、【解雇】通知書は必要なのです。
トラブルにならない様に、【解雇】通知書の作成を「特定社会保険労務士」に頼んでいることもあるそうです。
いずれにせよ、事業側は【解雇】通知書に正しい内容を明記して手渡すこと。
やめさせられる側も、貰っていない場合はしっかり請求することが大事です。
【解雇】通知書は重要なものです。

【解雇】に必要な書類は他にもたくさんあります。
ここで、いくつかその種類についてご説明してみたいと思います。
まずは、「【解雇】予告除外認定申請書」について。
会社に損害などを与えた人物を「懲戒【解雇】」という形でやめさせたい場合、労働基準監督所長に「それをしていいかどうか」の判断を仰がなければなりません。
つまり、懲戒【解雇】にすべき理由があるかどうかをきちんと判断してもらうのです。
これが無いのに懲戒にしてしまうと、「不当【解雇】」になってしまいます。
他にも書類はあります。
「【解雇】理由書」、これは辞めさせる理由を明記した書類のことですね。
「通知書」なども大切な書類です。
「【解雇】承諾書」は、辞めることを承諾するという旨の書類になります。

【解雇】される時、【解雇】通知書を貰うことができなかったら、まずその理由は怪しいとみるべきです。
【解雇】通知書の発行は、労働基準法第22条一項にて定められておりますので、必ず発行してもらいましょう。
【解雇】の理由が不当なものである場合、争ってでも正当なものにしてもらわないと、あなたの将来に傷がついてしまう恐れがあります。
タグ:解雇通知書
| 解雇

懲戒解雇

懲戒【解雇】という名前を聞いたことはありませんか。
これは会社の就業規則を破ったりした時、その人を辞めさせる場合に使用される方法です。
「懲戒【解雇】」は民間の社員に使用される言葉で、これが公務員の場合は「免職」という言葉を使うことになります。
ここで懲戒【解雇】について書いてみたいと思います。

【解雇】の中でも「懲戒」は会社に損害を与えた場合に使用されると書きましたが、営業などの仕事で「契約をあまり取ることが出来ないから」というものは理由になりません。
また、就業規則に反したことをしたからと言って、即【解雇】されるというわけでもありません。
つまり、上司などに「明日懲戒【解雇】
懲戒【解雇】という名前を聞いたことはありませんか。
これは会社の就業規則を破ったりした時、その人を辞めさせる場合に使用される方法です。
「懲戒【解雇】」は民間の社員に使用される言葉で、これが公務員の場合は「免職」という言葉を使うことになります。
懲戒【解雇】になる理由を例として挙げると、「会社のお金を使い込んでしまった」「個人の行動のせいで、会社の信用が落ちた」などです。
あの加護亜依さんがタバコを吸ったせいで事務所を辞めさせられたのは懲戒【解雇】になりますし、他にもジャニーズ事務所で同じ様な例があった様ですね。
懲戒【解雇】になってしまうと、その後の再就職が難しくなってしまうこともあり、その後の人生に深いダメージを与えることになります。
ですので、懲戒【解雇】を通告された場合はそれが本当に適正なものなのかどうかを見極める様にしましょう。
ここで懲戒【解雇】について書いてみたいと思います。

【解雇】の中でも「懲戒」は会社に損害を与えた場合に使用されると書きましたが、営業などの仕事で「契約をあまり取ることが出来ないから」というものは理由になりません。
また、就業規則に反したことをしたからと言って、即【解雇】されるというわけでもありません。
つまり、上司などに「明日から来なくて良い」などと言われた場合の【解雇】は無効となりますので、きちんと覚えておく様にして下さい。
また、「【解雇】予告除外認定」というものがあるのをご存知でしょうか。
懲戒の場合は前もって予告をする必要はありませんが、「労働基準監督署」という所で「そうすべき理由がある」という解雇】の認定を貰う必要があります。
これは、辞めさせる人間がどんな事を犯して【解雇】になるかを言わなければならないもので、この手順を踏んでいなければ不当【解雇】になります。

【解雇】の中でも「懲戒」は「重責」と呼ばれることもあります。
退職金が貰えなくなることもありますので、身に覚えが無い場合はしっかり抗議し、正当な解雇】の理由を聞き出して下さい。
また、【解雇】に関しては「労働基準法」で定められている手続を取らなければなりませんので、それがきちんと行われているかの確認も必要です。
懲戒【解雇】に関しては通知書がもらえますので、そこに記載されている理由が納得できるものなのかどうかも見ましょう。
一番大事なのは、懲戒【解雇】になる様なことは絶対にしないこと。
無断欠勤でもそうなることがありますので、注意しましょう。
【解雇】にならないためには就業規則をしっかり確認しておくことです。
から来なくて良い」などと言われた場合の【解雇】は無効となりますので、きちんと覚えておく様にして下さい。
また、「【解雇】予告除外認定」というものがあるのをご存知でしょうか。
懲戒の場合は前もって予告をする必要はありませんが、「労働基準監督署」という所で「そうすべき理由がある」という解雇】の認定を貰う必要があります。
無断欠勤でもそうなることがありますので、注意しましょう。
【解雇】にならないためには就業規則をしっかり確認しておくことです。

タグ:懲戒解雇
| 解雇

解雇

【解雇】という記事を、ニュースや新聞でたくさん見かける様になりました。
日本は空前の不景気と言われていますが、この字を見るのは悲しいですね。
【解雇】というのは、会社が雇っている人を辞めさせる、と言うことです。
逆に従業員から仕事を辞めるのは「退職」という形になります。
歌手の加護亜依さんが【解雇】されたというニュースが世間を騒がせましたが、つまりあれも事務所側が加護さんを辞めさせた、ということになりますね。
当然の事ですが、ある日「辞めてほしい」と【解雇】を通告されたら、それはショックなものです。
特に家族がいる人は、【解雇】されることによって「家族を守ることができるのか」と不安を感じる様になることも少なくありません。
そのために労働基準法というものがあるのですから。
ここで、「【解雇】」についての正しい知識を身に付けてみて下さい。

つまり、「人材を減らす」という意味で使われる【解雇】で、様々な問題を引き起こしています。
企業側が人を辞めさせる場合、「三十日前」にその旨を伝えなければなりません。
それが出来ずに【解雇】をしようとする場合でも、三十日分のお給料は保証しなければなりませんので、この点はしっかり確認する様にしましょう。
【解雇】される側も、しっかりとした知識を持っていなければなりません。

【解雇】を通達されたら、どうしたらいいのでしょうか。
まずは、それが正しいやり方かどうかを見極めることが必要です。
突然【解雇】を通達されたら、まずは上記のことをしっかりと調べて下さい。
それが法律に反している場合は訴えることもできます。
タグ:解雇
| 解雇
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。